小説、映画、ドラマ勝手にネタバレ。ひとつ気に入ればコンプリート。

斜めから見た 大人の読書感想文

気持ちの埋め方

ヘルタースケルター の漫画と映画のネタバレと感想

更新日:

ヘルタースケルターの3行あらすじとネタバレ

整形モンスターりりこはモデル。整形した所で自分のコンプレックスが消えない。なので心がドンドンゆがんでいく。最後は片目を潰すが、それでも国を変えてなお、人から羨ましがられることだけに執着してしまうのでした。

「ヘルタースケルター」 漫画のネタバレ

私が少女だった時代、岡崎京子がブームだった。

オリーブ少女とかいう時代(笑)だったので、こういうサブカル的な、よくわからないけどカッコいい。シャレオツみたいな。意味が解らないのにとりあえず、雑誌に載ってる服着たら、無敵☆的な。

当時は全く意味が解らなかった、というか人生経験が浅すぎる少女に尾崎京子は無理だろう……。

大人になって見返したら、岡崎京子って結構ヒステリックなんよね。深みのないアート的な絵にヒステリックな内容をかぶせてきてるので、印象に残らない(あくまでも私の感想です)。

盲目的な女子の気持ちを代表するなら岡崎京子だと思うわ。

こういう女子のヒステリックさを、少女時代に当たり前として受け入れてきたら大人になって色々と拗らせてしまうのではないだろうかと思う。

本、漫画問わず、とにかく読むことが好きだった私は何の疑いもなく読んでたし、親も好きに読ませてくれていたが、「私が親なら、30歳未満の子に読ませるのはやめておこう。」となる。

精神的に大人になって、自分というものが揺らぎなくできてから読むのがいいと思う。思春期に読んだなら、メンタルぐらぐらになるでしょ。

でも実際、サラサラ読めてなんの印象も残らないので、そういう風に読めるのならば全然問題ないと思う。なので、ヒステリックな岡崎京子ファンというのはちゃんと読んでいる人ではないかなと思う。

そういう固着を幼少時代から避けてきた私には無縁かな(けなしているわけではない)。

ま、そんな「ヘルタースケルター」を読み返したのには、理由がある。

私の好きな、沢尻エリカが主演すると聞いたからだ。続いて映画。

↑↑まんが王国一押し。試し読みでも結構な所まで読める。

「ヘルタースケルター」 映画のネタバレ

この役をするのは沢尻エリカしかいない。

みんな思ってたはず。

余すところなく美しく、しかし残酷で、最後の最後までいい意味で自分の事しか考えない。

そして無情なまでの思いやりの欠落(褒めてます!)。

監督・・・蜷川実花

これも納得。ガチャガチャした映像の中で沢尻エリカが美しく光る(笑)

どうでもいいような、彼氏・・・窪塚洋介。最高(笑)

どうでもいいようなと表現したのは、沢尻エリカにとってどうでもいいような彼氏なんだ。

だってこの役の中ではきっと誰の事も愛してないからね。愛されたいのにも関わらず。

じゃあ誰でもいいじゃん。ってこと。

ま、整形して芸能人になる話なんだけど、途中故郷に妹に会いに帰るのよね。

ぶっさいくな過去と向き合うんだけど、この辺ちょっと必要だったかなー?と思う。

バッサリ過去と決別してない、弱いメンタル面を出してきたわけだからね。

どっちかというと、けっこうあったけど沢尻エリカのもっと狂った性欲のシーン出した方がよかったんじゃない?

人間何か足りないと、何かに固着する。

性欲に溺れるにはそれなりに理由があるわけよ。

外でパリッとしてても、変態な人多いでしょ? 外の顔を作ってれば作ってるほど、性欲が強くなる。

それが、変な方向に行く人もいるし、女だと日替わりでお友達作ったり。

なぜここで日替わりなのかという問いに対しては「誰も私の性欲を全部埋めてくれないから、人を変えていくとやっと埋まりそうな気がする」んだよね。でも毎日違う人じゃなく、ある程度お友達は決まってる。みたいな。ヘビーローテーション的な。

誰も私を1人で支えきれない。的な事を思ってるんですねー。うまく言いすぎかしら?

男だと女王様とかそういうのだね。コスプレとかひねくれた性欲を好む人は皆そうだといえると思う。

この沢尻エリカに足りてないのは、「自信」だと思う。

自信って愛し愛され、思いやりを持ち慈しみ合う人間関係からできるんじゃないかと思う。

それこそちやほやされたり、仕事の結果だけ出して称賛されてても薄っぺらい自信しかつかないと思うから。

やっぱり取り繕って(整形しても)も、何を言っても天然にはかなわない。天然美女として出てくるのが水原希子ってのも、ちょっと違うなと思うけど映像的にはノープロブレム。

寺島しのぶがいい味出してた(笑)ごめん、でも好き♡

思うんだけど、大人になったら「思いやり」ってすぐに忘れちゃうんだよね。気を付けてないと。

だから人の愛情を当たり前に思い、軽く見て、胡坐をかく。

「私にはそれくらいの価値がある」

と思い込まずに、ぜひ、周りを見渡して愛情を確認できたなら、相手にも愛情を注ぎ返してあげて欲しいと思う。

このお話は最後まで、自分を押し通したい女の欲望の物語でした!おしまい。

★★★★☆ 星4つ

岡崎京子ファンが、岡崎京子のところでアシしてた安野モヨコの悪口ばっか言ってたようですが、安野モヨコは全然パクリじゃない。

庵野と結婚したこともまた、岡崎京子ファンに油を注いだような気がするけど、あの二人似合ってるじゃん。

岡崎京子ファンのヒステリック加減が出ている証拠だよね。だからといって誰が悪いわけでもないと思うけど、私にとって岡崎京子の漫画は全然記憶に残らないけど、安野モヨコの漫画はシーンシーンすぐに思い出せるわ。

それだけの話。

-気持ちの埋め方
-, ,

Copyright© 斜めから見た 大人の読書感想文 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.