小説、映画、ドラマ勝手にネタバレ。ひとつ気に入ればコンプリート。

斜めから見た 大人の読書感想文

小説 気持ちの埋め方 男と女

ハピネス・ロンリネス 桐野夏生の小説のネタバレと感想

更新日:

ハピネス 桐野夏生の小説の3行あらすじとネタバレ

注意※三行で結末まで書いてます。

主人公はタワーマンションに憧れて、結婚して子供を産みます。子供を産んだ時に以前、新潟に置いてきた子供とバツイチであることを現夫に知られてしまい、現夫は仕返しにアメリカに単身赴任中浮気します。ママ友マウントの中で合わせているが浮いてしまい、浮いていたもう一人のママ友がマウントの頂点に立つママの夫と浮気してしまう。

ロンリネス 桐野夏生の小説の3行あらすじとネタバレ

ロンリネスはハピネスの続きです!

アメリカから帰ってきた夫とギスギスしながらもやり過ごしているが、やはりどうしてもタワマンのマウントを気にしてしまう。ママ友の頂点であるお高いママ友の夫と浮気したママは離婚し、ママ友の方も離婚させてしまう。一方主人公はタワマンの中で知り合った男と浮気してしまう。

ハピネス のあらすじとネタバレと感想

VERYの雑誌で連載していた当時から斜め読みしていたが、ハピネスが書籍として出て改めて読んで、

これはVERY読者への挑戦だ。

と思ったら、あとがきに書かれていた。

主人公はママ友マウントの中でばかばかしくも、翻弄されている。そして無いものねだりばかりを繰り返してゴールが全く見えていない。

が、しかし、主人公にはびっくりするような秘密があり、若いころに結婚して離婚して子供を取られていたのだった。

何食わぬ顔をして、再婚を初婚として結婚し、うっかり病院で経産婦と言われたことからばれてしまう。

・・・夫に。

それでも手に入れたタワマンでの暮らしを失いたくないからこそ、夫と暮らしている。これはどっちが我慢しているのかわからないが、きっとどっちとも我慢して暮らしているのだろう。

前の夫とは、前の夫の兄が死んでから夫が変わってDVするようになって逃げるように離婚している。

そしてVERYに登場するような憧れのママ友と、きれいごとを並べて一緒の位置に居ることにしがみついている。そこまでしがみついてはいないかもしれないが、傍から見ればそう映るだろう。

そしてマウントの頂点でもあるママ友の夫と、ママ友のひとりがダブル不倫してしまう。

頂点であるママ友夫の浮気相手が、まさかいつも自分が小馬鹿にしていた自分のママ友…であっても表面上は揺らがないが、きっと家ではすごい状態になっているだろうくらいの打撃。

ちょっと馬鹿にしていたママ友に夫を取られるってどういう気分なんだろうかと予測してしまう。

そして、主人公は夫と別居する。別居といっても旦那のアメリカ行きに付いて行かなかっただけなんだけど。

ごたごたしながら、狭い世界から抜け出せない主人公たち。というか、出ようとしない主人公たち。

浮気したママ友と仲良くなり、前の夫の事を告白し、前の夫の元に居る子供をママ友と見に行ったり。

同じ位置で居ようとするからこその、苦しみをじわじわと味わうのが好きな人たちなのかも・・・。

そして時間を置いて、この話の続きが出た!出るとは思ってなかったからこそのハピネス、ロンリネスの連続読み返し!

ロンリネスのあらすじとネタバレと感想

なんと、小馬鹿にされてきたママ友が頂点のママ友から夫を奪い取るのだった。

浮気相手の夫の子供ができ、自分の夫と子供を捨てて沖縄に行ってしまうのでした。しかも自分の夫は自分の妹と再婚するという、完全に自分だけを排除するめちゃくちゃな形で二人の愛を貫き通してしまう。

浮気相手の頂点のママ友が引き下がらないと思いつつ、浮気相手のママ友も子供ができ再婚してしまうという、実は自分も浮気してた。的な。

…表面的なことでしか動かない(自分の事ばっかり)人たちのひと騒動と言った感じです。

主人公はアメリカから夫が帰ってきて、ママ友のすし屋でバイトしながらも夫の浮気は無かったことにして(表面は)生活している。

ママ友たちの出方を見つつ、ダブル不倫の行方を見守っている。。。

が、なんと! 主人公が同じマンションの男と浮気してしまう!

しかも、文面だけ見たら相当浮気慣れしている男と浮気してしまう。

主人公もダブル不倫であり、浮気相手の奥さんとは同じマンションなので顔も合わせるのにもかかわらず、ふたりは一線を越えてしまう。

ちょっとメールの返事が遅かったくらいで、浮気相手から

「返事が無いので心配になった。

気に障ったら謝る。

好きだ。抱きたい。」

なんてメールが来たら、私でも落ちそうだわ。

とにかく恋の駆け引きがうまい男という感じ。

ロンリネスの結末

しかし主人公は、この浮気を守るために夫の実家の近くに引っ越すことを決意する。

本音は嫌だったのに。嫌だけど、それ以上にこの恋を守りたい(自分の事ばっかり)。と思ったのだった。信じられないけどこういう人も居るのだろう。

そして浮気相手と結ばれる日を夢見て、表面上は変わりなく過ごしていくのだろう。

何という昼顔!!!

多分、まだ続きそう。

桐野夏生の恋愛小説が読める日が来るとは夢にも思わなかった。

しかも恋愛感情を忘れている、そんな自分も落ちそうなくらいの引き込み方なんて予測もしなかった。

キャストを考えてみたが、主人公が思いつかない。

土屋アンナという名称が出てくるので、浮気したママ友は土屋アンナだとして、

浮気したママ友の夫は妻夫木聡なんてどうだろう?

主人公の息子は、窪塚洋介の息子がいいかな。

主人公の夫は松山ケンイチなんてどう?

そして浮気相手は山田孝之。

主人公は、最近の若い子を知らないので本当に思いつかない・・・。

でも実写化されたら絶対に見る!!!!

次のタイトルは、ハピネス、ロンリネス、と来たら次は怒り?それとも一周回って楽しむ?

本の表紙はシャボン玉が弾ける絵なのかな?

作者名に騙された度 ☆☆☆☆☆ 満点!

-小説, 気持ちの埋め方, 男と女
-, , ,

Copyright© 斜めから見た 大人の読書感想文 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.