小説、映画、ドラマ勝手にネタバレ。ひとつ気に入ればコンプリート。

斜めから見た 大人の読書感想文

「気持ちの埋め方」 一覧

手紙

東野圭吾 手紙 の小説と映画のネタバレと感想

登場人物の全員がなぜか辛くなるこの小説&映画。 どの立場にもならないが、しいて言うなら周りの人の冷たい目線くらいか。しかも誰の立場も安易に想像できるのが辛い。 小説も読んだがあえて映画のネタバレを書こ ...

八日目の蝉

八日目の蝉 の小説と映画のネタバレと感想

日野不倫殺人事件を元に書かれた角田光代の八日目の蝉。 愛人が本妻の子供を誘拐して育てるという話だが、男はうんこしか出てこない。男のせいで起こった事件をただ男は見ているだけだ。 いつも女は男の後始末をす ...

起終点駅 ターミナル

起終点駅 ターミナル の映画のネタバレと感想

桜木紫乃の短編小説を本田翼と佐藤浩市で映画になっている。 何がいいって佐藤浩市の作るご飯がいい! 心が弱っている時、是非お勧めしたい。 起終点駅 ターミナルの3行あらすじとネタバレ 注意※三行で結末ま ...

ジョゼと虎と魚たち

ジョゼと虎と魚たち の映画のネタバレと感想

アニメ版が公開されるので思いだした実写映画です。 元は1984年の田辺聖子の小説で、小説版はこてこての大阪弁で大阪弁になじみのない私は英語の本を読んでいる感覚になってしまい、頭の中がこんがらがってしま ...

クワイエットルームへようこそ

クワイエットルームにようこそ の映画のネタバレと感想

ひとことで言えば病んでる人の閉鎖棟日記。 2007年の松尾スズキの小説&映画だけど今見ても全員の顔年齢が変わらないことに笑える。13年前なんだよ・・・? クワイエットルームにようこその3行あらすじとネ ...

湯を沸かすほどの熱い愛

湯を沸かすほどの熱い愛 の映画のネタバレと感想

ここ何年かの映画でこの映画が一番好き!という人も多いと思う名作。感動作。 口では直接言えないけれど、愛を持って家族に接しくじけない強い母を宮沢りえが演じている。 タイトルがちょっとクサいんだけどそれが ...

そして父になる

そして父になる の映画のネタバレと感想

実際にあった事件で、看護師が故意に赤ちゃんを取り違えて、そのまま成長してしまった段階で取り違えが判明してこれからどうするかという映画。 そして父になる 3行あらすじとネタバレ 注意※三行で結末まで書い ...

オーバーフェンス

オーバー・フェンス の映画のネタバレと感想

オーバー・フェンス の3行あらすじとネタバレ 注意※三行で結末まで書いてます。 他人と居ると相手の精神を壊してしまう男(無自覚)と元から風変わりな愛に飢えている女が出会い、ぶつかり合いながら函館で暮ら ...

ハピネス・ロンリネス 桐野夏生

ハピネス・ロンリネス 桐野夏生の小説のネタバレと感想

ハピネス 桐野夏生の小説の3行あらすじとネタバレ 注意※三行で結末まで書いてます。 主人公はタワーマンションに憧れて、結婚して子供を産みます。子供を産んだ時に以前、新潟に置いてきた子供とバツイチである ...

きみはいい子

きみはいい子 の小説と映画のネタバレと感想

きみはいい子の映画の3行あらすじとネタバレ 注意※三行で結末まで書いてます。 新任の小学校教師(小4担当)が生徒のおもらし、ネグレクト、虐待、クレーマーなどに疲れ切っている男。ママ友とマウントと自分が ...

Copyright© 斜めから見た 大人の読書感想文 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.