小説、映画、ドラマ勝手にネタバレ。ひとつ気に入ればコンプリート。

斜めから見た 大人の読書感想文

「 落ちていく 」 一覧

血と骨 の小説と映画のネタバレと感想

崔洋一のお父さんがモデルとなった壮絶な半生を記した小説。上下巻。 長いけど面白かった。というか読んだ後は圧倒されて疲れてしまった。 1930年代の話なので、若干の違和感はあるものの今私たちの世代に居る ...

パーマネント野ばら の映画のネタバレと感想

西原理恵子の漫画ってあんまり好きじゃない。 笑えないネタを微妙な角度で突っ込んで、見終わった後も微妙な気持ちにさせられるから。自分には全く関係のない所で西原の話は進んでいき、破滅を選択するしかない人た ...

恋の罪 の映画のネタバレと感想

怖いもの見たさで見てしまう園子温監督の映画。 東電OL事件を元に園子温ワールドが描かれている。 同じ事件を題材に桐野夏生グロテスクがある。 どっちの作品も”いいとこのお嬢ちゃん”ってのに変わりはない。 ...

誰も知らない

誰も知らない の映画のネタバレと感想

色々と話題になったので見た人も多いと思うけど、 この映画は巣鴨子供置き去り事件(wiki)が元になっている映画です。 衝撃的な映画だけど長い映画のほとんどを子供目線の生活になっているので、「あー、そう ...

捨てがたき人々 の映画のネタバレと感想

ジョージ秋山の漫画を自分の子である秋山命が脚本を書いた。 ジョージ秋山って松山ケンイチの出てたドラマ「銭ゲバ」の人だよね。 それも見たし、読んだけど(笑) そういうことを差し置いて”大森南朋”が出てた ...

怒り

怒りの映画のネタバレと感想

松山ケンイチや渡辺謙、宮崎あおいに広瀬すず、他にも豪華なキャストでも目を引くこの映画。 自分にしては珍しく映画館に足を運んだ映画です。 映画館で見るよりも、止めたり同じところもう一回見たりしたいタイプ ...

どうしようもない恋の唄

どうしようもない恋の唄 の映画のネタバレと感想

この映画、男が好きな映画だよ。とそこのみにて光り輝くを絶賛していた知人がおすすめしてくれました。 元はこの官能文庫がすごい2010大賞を取った草凪優の小説です。 電通の美人契約社員としてグラドル?をし ...

手紙

東野圭吾 手紙 の小説と映画のネタバレと感想

登場人物の全員がなぜか辛くなるこの小説&映画。 どの立場にもならないが、しいて言うなら周りの人の冷たい目線くらいか。しかも誰の立場も安易に想像できるのが辛い。 小説も読んだがあえて映画のネタバレを書こ ...

リリィシュシュのすべて

リリィ・シュシュのすべて の映画のネタバレと感想

リリィシュシュのすべてもそうだけど、岩井俊二の映画感にはまったこの頃。 すべて見てるけど、中でもリリィシュシュのすべては突然頭の上に隕石が落ちてきて体の一部を失った気分になった映画です。 ジワジワとな ...

桐野夏生小説

グロテスク三部作 桐野夏生の小説のネタバレと感想

グロテスク三部作とは「グロテスク」「残虐記」「I'm sorry, mama」である。 一発目グロテスク。 二発目残虐記 完結編 I'm sorry, mama どれかだけ読むよりも、セットで順番に読 ...

Copyright© 斜めから見た 大人の読書感想文 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.