小説、映画、ドラマ勝手にネタバレ。ひとつ気に入ればコンプリート。

斜めから見た 大人の読書感想文

「 落ちてしまう 」 一覧

誰も知らない

誰も知らない の映画のネタバレと感想

色々と話題になったので見た人も多いと思うけど、 この映画は巣鴨子供置き去り事件(wiki)が元になっている映画です。 衝撃的な映画だけど長い映画のほとんどを子供目線の生活になっているので、「あー、そう ...

闇の子供たち

闇の子供たち の映画のネタバレと感想

原作の梁石日の小説を映画化した時に江口洋介(記者)設定が狂った。 映画は江口洋介がペドフィリア(幼児への異常な愛)だったというオチになっている。 原作はもっと生々しい描写が沢山あり、血と骨の原作者らし ...

ディストラクション・ベイビーズ

ディストラクション・ベイビーズ の映画のネタバレと感想

ディストラクション・ベイビーズ の3行あらすじとネタバレ 注意※三行で結末まで書いてます。 愛媛県松山市の漁港で兄弟で暮らしている主人公といかれた兄に振り回される弟。兄はとにかくケンカ、喧嘩、”今が楽 ...

東京難民の映画

東京難民の映画のネタバレと感想

福澤徹三の小説「東京難民」が映画化されていた。 「底辺より怖い、底なし。堕ちたら最後―。」というキャッチコピーを見て、興味を惹かれた。 東京難民の3行あらすじとネタバレ 注意※三行で結末まで書いてます ...

そこのみにて光り輝く

そこのみにて光り輝く の映画のネタバレと感想

佐藤泰志の小説&映画の函館三部作のひとつです。 ちなみに『海炭市叙景』『そこのみにて光り輝く』『オーバー・フェンス』の「函館3部作」の一作目の映画である。 暗い、とても暗い物語です。 全体的に ...

万引き家族の映画

万引き家族の映画のネタバレと感想

万引き家族の3行あらすじとネタバレ 遺族年金で暮らしている老人にたかり、血のつながりのない人たちが集まって住み、家族ごっこを繰り広げる。戸籍の無い子供、誘拐、虐待、行き場のない子供も受け入れるが、とに ...

闇金ウシジマくん 漫画 の最終巻

闇金ウシジマくん 漫画 の最終巻のオチと感想

2019/06/02   -マンガ
 ,

闇金ウシジマくんの3行あらすじとネタバレ 妾の子である丑嶋馨。彼の心をいやすのは、金とウサギ。ならばと始めた闇金を親友たちと共にピンチを乗り越える。社会問題を反映したり、ヤクザに絡まれたりするが最後は ...

Copyright© 斜めから見た 大人の読書感想文 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.