小説、映画、ドラマ勝手にネタバレ。ひとつ気に入ればコンプリート。

斜めから見た 大人の読書感想文

映画 気持ちの埋め方

カラスの親指の映画のネタバレと感想

更新日:

原作は道尾秀介のカラスの親指。

映画はとにかく長い。時間にして160分、2時間40分という邦画にしては異様な長さだ。

阿部ひろしと村上ショージが詐欺を働く話。

そこになぜか棒読み演技のどうでもいいであろう三人が入り、詐欺の話を大きくして大金を手に入れる話。

と、ここまでで2時間20分は終わる。

学芸会の演技のような2時間20分。途中本当にしょうもない。

けど、2時間20分はラスト20分のための伏線でしかない。ラスト20分のための長い長い映画。

能年玲奈(のん)と石原さとみがどうも・・・受け付けられないけど、オチを見ると、ああ、そうなのね。と思えるかも。

特に石原さとみは誰だか分らなかった。

・・・人が死ぬときに、心のこりを消し去りたいと願ったらこうなった。みたいな映画。

死ぬときに、受け入れて、覚悟して、何をしてやれるかを本当に考えたらこうなるのかな。深い!

というか、ここまで死を受け入れれるものなのかな。というちょっと死に対して前向きになれる映画なのかも。

途中で、いろんなところにある伏線はすべてさらえるので、だらだらとでも2時間20分を見るといいことあるかもよ!すごく前向きな話。

この映画に関してはオチは言いたくない。(死ぬって言ってるけどw)

どういうメンタルの時にでもおすすめな映画です。

映画って見だすと一気に見ちゃうよね。

クランクインビデオというものすごいオンデマンドができてました。他のオンデマンド(見放題)にはないマニアックな映画だけでなく、漫画にもポイントが共通で読めるだけでなくマンガも作品数は約11万もあります。そして新作映画が早くて安い。多分今までのとこよりもダントツ。14日間無料で3000ポイント貰え、ポイントバックもこれまでにない高さが魅力です。官能と艶やさが魅力の映画特集などとにかくセンスがいい!

-映画, 気持ちの埋め方
-,

Copyright© 斜めから見た 大人の読書感想文 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.