「事件」 一覧

はまなかあき,絶叫,

「絶叫」 葉真中 顕 の小説のネタバレと感想

Blueに続いて、おすすめの「絶叫」を読んでみました。 話の順番的には、「絶叫」➡「Blue」の順番が宜しいと思います。 出てくる刑事が同じなので。 そしてよく似たタイトルの湊かなえの本 ...

モンキーピーク,感想,

モンキーピーク のネタバレと感想。うかうかと出かけられない。

2020/11/08   -マンガ, 事件, 衝撃的
 ,

会社のみんなで登山をすることになり、全員で参加します。しかし「猿」が襲ってきて次々に殺されてしまい、サバイバルパニックとなります。食べるものも飲むものもなく、疑心暗鬼にかかります。しかし原因は安斎の隠ぺいした薬害疑惑が原因であり、犠牲者たちのテロだとわかりますがどうにもできず。最後は安斎を陥れ三人が助かりました。

血と骨,映画,小説,感想,

血と骨 の小説と映画のネタバレと感想

崔洋一のお父さんがモデルとなった壮絶な半生を記した小説。上下巻。 長いけど面白かった。というか読んだ後は圧倒されて疲れてしまった。 1930年代の話なので、若干の違和感はあるものの、今私たちの世代に居 ...

尼崎事件,家族喰い,感想,

家族喰い 尼崎連続変死事件 の感想と思う事

尼崎事件を追ったルポである。 小野一光著 尼崎の事件は非常にややこしい。流れるように罪を重ねて行っているので非常に人間関係が複雑なのだ。北九州連続殺人事件よりもかなりグロい。 はじめにこの本を読んだ時には、すでに掲示板やネイバーまとめのwinwinさんを熟読していたため、余裕だった。

恋の罪,感想,映画,

恋の罪 の映画のネタバレと感想

怖いもの見たさで見てしまう園子温監督の映画。 東電OL事件を元に園子温ワールドが描かれている。 同じ事件を題材に桐野夏生グロテスクがある。 どっちの作品も”いいとこのお嬢ちゃん”ってのに変わりはない。 ...

八日目の蝉,小説,映画,感想,

八日目の蟬 の小説と映画のネタバレと感想

日野不倫殺人事件を元に書かれた角田光代の八日目の蝉。母性って相手に無条件に尽くすことなのかも。

桐野夏生,小説,グロテスク,

グロテスク三部作 桐野夏生の小説のネタバレと感想

「グロテスク」「残虐記」「I'm sorry, mama」と3つ揃った桐野夏生グロテスク三部作のまとめ。

闇の子供たち,映画,小説,

闇の子供たち の小説と映画のネタバレと感想

闇に葬り去られるタイの子供たちを救う日本人たちの話。人間を人間として見ないという感覚はどうやって生まれるのか。

東京島,映画,感想,

東京島 の映画のネタバレと感想

桐野夏生原作の東京島を映画で。アナタハンの女王事件をモチーフにやりたい放題していく人たちの話。

そして父になる,感想,

そして父になる の映画のネタバレと感想

自分に置き換えてみても答えは出ないこの話。あなたならどうしますか?

Copyright© 斜めから見た 大人の読書感想文 , 2022 All Rights Reserved.