「気持ちの埋め方」 一覧

四月は君の嘘,漫画,

四月は君の嘘 の漫画のネタバレと感想

少女漫画を久しぶりに読みました。 コテコテの少女漫画ではなく、ピアニストの少年とバイオリニストの少女の話です。 この漫画はすでにアニメにもミュージカルにもなっているそうで、私が完全に出遅れてしまいまし ...

ブルドーザーのガンバ,感動,絵本

ブルドーザーのガンバ (捨てられない幼児書籍)

夏休みに、知り合いの子供にあげるために幼児書籍を整理していました。 今はもう手元にはないけど、毎回途中で号泣してしまい、読み聞かせの声が止まってしまっていたガンバの絵本。 最後にもう一度読んで、またも ...

落日,湊かなえ,感想,

落日 (湊かなえ)の小説のネタバレと感想

皆大好き湊かなえ(賛否両論有)の落日を一気読みしました。 実は、めくってすぐ置き本していたもので、何を思ったか読みだして一気に読んでしまいました。 結論から言えば、伏線をきれいに回収しておりとてもすが ...

Laundry,映画,感想,

Laundry の映画の感想

最近懐かしい映画をもう一度見るのにはまっています。 公開されてすぐ見た時にはとにかく衝撃的だった。 けど、今見たらこういう世界観で生きていけるのも羨ましいなと思った。 wiki見たらLaundryは小 ...

軍鶏,感想,面白い,

軍鶏 の漫画のネタバレと感想

軍鶏の話を一行でお願いします。 と読んでる人に尋ねたら 「妹のために生きる男の話」 と返ってきた連載当時。 嘘喰いが終わった後、軍鶏を読んでいると話が深すぎて一行にまとめた人に文句を言いたくなった。 ...

頭に来てもアホとは戦うな!,感想,

頭に来てもアホとは戦うな! のネタバレと感想と思うこと

ひとことで言えば、この本はアホと戦う時間があれば、自分のやりたいことをしろ。という指南書です。もっと言うとアホの交わし方が載っています。サブタイトルは「人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法」とあるが、実際にがちがちに計算された人間関係なんてのは非常に難しいのである。たいていの人が「疲れる」(笑)

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー,感想,

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー のネタバレと感想と思うこと

ブレイディみかこさんと息子の生活課題みたいなものをまとめた本です。 2bitな義務教育に殴り込みをかけた!(白か黒かしかない世界に色を付けた!と勝手に思っている。)「老人は全てを信じる。中年は全てを疑う。若者は全てを知っている。子どもはすべてにぶち当たる。」私は全てを知りたがる。そして後悔する。

ぐるりのこと,感想,

ぐるりのこと。 の映画のネタバレと感想

こんなに努力しているのになんで人生は思い通りに行かないのか。という女性を静かに支える夫。とある夫婦の10年を描いた映画。 本当にその辺に居そうな夫婦の内側を見たような気がする映画です。どこの夫婦も蓋を開ければ山あり谷あり、外側からは見えないだけで色々ありますって。 元は梨木香歩のエッセイ本。 人生、いろいろあるし、あんまり気負わず行こう。

百万円と苦虫女,感想,

百万円と苦虫女 の映画のネタバレと感想

フリーターの鈴子はバイト先の子にそそのかされてルームシェアを決意するもののドタキャンされてしまい、知らない男と住む羽目に。知らない男は鈴子の拾ってきた猫を勝手に捨ててしまい怒った鈴子は男の荷物を全部出してしまい鈴子は有罪判決を受けて家を出て各地を旅しながら100万円を貯めつつ旅します……。

手紙,映画,感想,

東野圭吾 手紙 の小説と映画のネタバレと感想

登場人物の全員がなぜか辛くなるこの小説&映画。 どの立場にもならないが、しいて言うなら周りの人の冷たい目線くらいか。しかも誰の立場も安易に想像できるのが辛い。 小説も読んだがあえて映画のネタバレを書こ ...

Copyright© 斜めから見た 大人の読書感想文 , 2022 All Rights Reserved.