小説、映画、ドラマ勝手にネタバレ。ひとつ気に入ればコンプリート。

斜めから見た 大人の読書感想文

事件 小説 胸糞悪い話

誰もボクを見ていない: なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのか の感想【長澤まさみで映画化MOTHERマザー】

更新日:

毎日のように虐待のニュースが流れる中、親のモラルが問われるも周りは見てみぬふりをしてしまう・・・。実はそこに一歩踏み込めて助けられるのは、他人だけかもしれない。

誰もボクを見ていない: なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのか 著:山寺 香

2014年春、17歳の少年が自分の祖父母を殺害した事件を追ったルポ。

お金はもちろん欲しかったのだが、自分のためには使えないお金が欲しかった。

事件が発覚した時は、遊ぶ金欲しかったから殺害したのだろうと皆思っただろう。

しかし北九州殺人事件と同じく、彼もまた無気力になるまで「母親」に支配され続けていたのであった・・・・。

映画 MOTHER マザー

長澤まさみが母役で出演! これは期待できそうです。

MOTHER マザー公式サイト

誰も僕を見ていないのあらすじと感想

少年の母親は、いわゆる先を予測することができない人。

目の前の娯楽、快楽しか見えてない人種であり、人を使う事だけしか考えていない何かが欠落した人間である。

自分は働かずとも、寄生先を探し、ずっぽりと甘えるだけ甘える。相手の限界が来るまでじりじりと吸い取る。そしてそのお金をすべてギャンブルや自分の贅沢に使ってしまう。

・・・こんな人は世の中に腐るほどいるんだろうけど、この母親の癖の悪い所は人間を見て甘える、逃げることにものすごく長けている。

はじめの結婚では、父親が子供を引き取っている。

そして次の結婚でも、父親が「こんな母親といるとダメになる。」と連れて行こうとするが、母親が引き取る。母親は引き取って父親から取れるだけ取ろうとするゲスさ。

義務教育もろくに受けさせてないのに、「部活で〇〇が必要だから、父親に追加でお金が欲しい」などと平気で子供に嘘をつかせる。そのお金はその日のうちにパチンコだ。

クズ男ならぬクズ女だ。

そのくせ生活保護などは嫌がる。監視されるのを徹底的に嫌うのだ。

男癖も悪く、子供の真横でしたりも平気。というか住む場所もラブホテルとか。住んでもない。

女の子が欲しいと、また新たな男を捕まえて生むがそれも駆け込み出産&家がないからゲームセンターで知り合った家にお世話になる。だって家がないから。

その家のお金も持ち逃げしてドロン。この母親は自分が世界の中心なので人間関係を真面目に築こうとは微塵にも思ってない。自分以外の人間は自分が利用するだけして、ゴミのように捨てても平気なのだ。

もちろん住所不特定。赤ちゃんを連れて毎日歩き回って、公園で頭洗う生活ってどうなんだ。

学校にも行ってない子供が居たら、大きな袋を提げて歩いている子が居たら、

是非一歩踏み出して、声をかけてあげて欲しい。自分と同じような思いの子が少しでも減るように。

と少年は言う。

だからっておじいちゃんおばあちゃんの事を殺してもいいわけではないが、とにかくお金を持って帰らないと母親にネチネチネチネチ言われる。だから殺した。

殺したところで、今度またお金に困るのは分かり切っているけど、それでも抵抗できないくらいに無気力にされていた。こういうのは家族や身近、会社などにヒドイモラハラパワハラを繰り広げている人がいないと実際には追い詰められる気持ちはわからないんじゃないだろうか。

北九州の事件もネチネチネチネチとあの手この手で押さえつけられ、自分で考えることを放棄してしまう。だって何を言っても反対しかされないんだから。

逃げればいい。という簡単な選択すらもできなくなっている状態。

そんなこんなで、殺した後も少年だけ働きに行かされて母親は何食わぬ顔で生活していた・・けどバレますよね。

バレたら母親は「私はやってない」「指示してない」と言い逃れ。実際にやったのは少年一人だと言い張る。

でも考えてみたら、指示した母親の罪の方が重くならない?あんたが1番悪いでしょ!と思うんだけど、現実は少年の方が重い罪。

少年は言う「女だったら売春させられてたのかな」「妹だけでも助けたい」

少年はネットすらたまにしか使えず、それでも自分で調べたかった、ネットにでも繋がっていたかった。ネットでもいいからコミュニケーションがとりたかった。勉強したかった。

というわけで支援者の人が辞書とかを送ると、すごく言葉を吸収して行っているらしい。

こういう支援者というのも、「ああ、こんな事件あったな。」と終わらせるだけではなく、実際に一歩踏み込んで手紙を送る、お金を送る、そんな大人ばっかりじゃないんだよと言い続けて信頼を教えてあげる。という重要性。

これって言うのは簡単だけど、私もそうなんだけど、実際に行動するはじめの一歩が重い、踏み込めないんだよね。

この少年が一番怖がっているのが、刑が軽い母親が先に刑務所から出てきて妹を連れ出してしまうこと。妹に辛い思いをさせる(売春とか)ことを止められないことだそう。

ここはもうちょっと行政が踏み込んで欲しいなと思うけど、妹が大人になるとなかなかむつかしいよね。

「母親試験」の導入(知能検査みたいなの)して、そこは行政が知っておいてもいいんじゃないかなと思う。

児童相談所は、他の県に行ったりするともうわからないから、もっと一発で今までの経過を見れるシステムを入れて欲しいと要求しているみたいだけど、この本が発行されてからも何年も経つけどさすがにもうできてるよね?

情報がバラバラだと打つ手がないじゃん。いちいち毎月電話でいろんな市役所にこの子の住民票ありますか?って電話するのも人手が足りないでしょう。

前にも書いたけど、子供が悲しむのは絶対にNGだ!!

根本的な解決に導くのは行政だとしても、損得抜きに目の前の子供を助けない大人は卑怯だろう。

なんとなく上っ面でしかものを言っていない親の子供のことを注意してみてみようと思った。子供の言動も注意してみて、無理のない範囲で助けられることからしていこうかなと、色々考えさせられた一冊でした。

クランクインビデオというものすごいオンデマンドができてました。他のオンデマンド(見放題)にはないマニアックな映画だけでなく、漫画にもポイントが共通で読めるだけでなくマンガも作品数は約11万もあります。そして新作映画が早くて安い。多分今までのとこよりもダントツ。14日間無料で3000ポイント貰え、ポイントバックもこれまでにない高さが魅力です。官能と艶やさが魅力の映画特集などとにかくセンスがいい!

少年の罪、殺人で懲役15年。

母の罪、強盗と窃盗で懲役4年6カ月。

-事件, 小説, 胸糞悪い話
-, ,

Copyright© 斜めから見た 大人の読書感想文 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.