「 湊かなえ 」 一覧

落日 (湊かなえ)の映画のネタバレと感想

子どもの頃虐待されていた監督。同じく虐待されていた隣の子とベランダの避難壁ごし触れ合う。父は自殺し母は精神的に病み、大きくなって映画監督になった。同じ町出身の脚本家とタッグを組んで映画を作ることになる。脚本家もまた姉を自殺で失くしており母も病んで亡くなった。隣の子は家族を皆殺しにした事件の映画を撮ろうとするが、監督の父も脚本家の姉も『事故』で亡くなっていたことが解る。

母性 湊かなえ

母性 湊かなえの小説のネタバレと感想

母になったからといって、皆が初めから母性がある訳ではない。誰かのためにというのは自分のためであり母性ではない。自分すらない。そんな母(受け入れることだけで生きている女の人生)が、反発せずに生きている昭和教育の浸透の残骸のような話。

贖罪

贖罪 小説とドラマのネタバレと感想

ちょっとした罪の擦り付け合いの話。湊かなえ原作。

少女 湊かなえ

少女 湊かなえの映画のネタバレと感想

卑屈な少女たちの友情の話。

Copyright© 斜めから見た 大人の読書感想文 , 2021 All Rights Reserved.